kaddish development store

2018.12.30

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明ける、明けてまう。

今一番の心配事は、入籍したばかりの弟の新妻。

初対面の人と共に実家で年を越すというのは、どんなものか?

酒の出ない我が山下家、初対面から30分で話題が尽きて、後はただテレビを凝視する私という、地獄のような風景が目に浮かぶ・・・。

子供を連れてスーパー銭湯に逃げようかしら・・・

 

 

 

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3846

2018.12.29

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

今年の個人的重大ニュース。

と聞かれても、過ぎてみるとよく思い出せないので、DA PUMPの「U.S.A」が踊れない事と言っておきます。

 

 

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3771

2018.12.28

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 



 

 

 

昨日は今年最後の休みの日を頂いたので、年末の挨拶にHJLの大峰さんのところまで。

ブーツの引き渡しの際にまたオーダーをしていく方が多く、相変わらず多忙な大峰さん。

いつも他愛も無い話しをして楽しい時間ですがいつも刺激を貰います。

 

大峰さんとはかれこれ10年の付き合いになりました。ブーツの事は勿論、音楽、カメラ、コーヒー、キャンプ、様々な事を熱量高めでおススメしてくれるもんだから、熱しやすいいミーハーな自分は毎回すぐにハマってしまいました。

いつもの様にゆる〜く「またね〜」と言って年末のご挨拶。

また来年もサンダルと“おススメ”宜しくお願いします。

 

 

松村

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3745

2018.12.27

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 

 

年末になると何時もそうだけど、今年はDiaryでも触れている初売り企画のせいで、特にソワソワして落ち着かない。

ブランドと練ってきたこの企画を如何に紹介するか、ということで頭がいっぱいです。

年末は運送会社の繁忙期で到着日時ガタガタだから、web用の撮影が出来なくなるので、松村は毎日のように佐川さんとヤマトさんに電話してます。

それにしてもありがたいのは、ブランドとディーラーという立場を超えた、深い理解が両者に築けているといこと。

その信頼関係があるから、思い切った企画が出来るし、それがないと、僕らが自信を持ってお客さんに発信出来ない。

だからkaddishは、来年から極端に取り扱うブランドを絞り込む事にしました。

だって僕が、本当はその良さを分かっていない新興ブランドをちょろっとセレクトするより、自信を持てる核の部分を、どこまでも深く広く見て貰う方が良くないです?

100人の新しいユーザーと浅く付き合うより、10人との深いお付き合いが欲しいんです。

百貨店より一貨店です。

と、熱くなって余計な事を書き過ぎると、翌日必ず後悔するんですよ・・・。

お正月企画の詳細は後日UPしますので、ご期待下さい。

 

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3744

2018.12.26

今日のオマケ

 

 

 

 

 

BOOK OFFで捨て値だった、ボブディランの自伝が面白い。

自叙伝なんて半分は盛ってる(特にディランの場合は)だろうけど、それを補って余りある文章が素ん晴らしい。

シェイクスピアを想起する、とここまで書いて念の為調べてたら、やっぱりシェイクスピアの作品名からとったアルバム出してました。

それはそれとして特に感銘を受けたのは、例えば、若い頃に影響を受けたロイ・オビーソンについてのくだり。

「~彼はまるでプロの犯罪者のように歌う。たとえば、聞こえるか聞こえないかという低い声で歌いだし、少しのあいだそのまま進んで、大げさな芝居がかった歌い方に変えて、聞く者を驚かせる。彼の声なら死体を驚かせることもできるし、聞く者に「信じられない」とひとりごとを吐かせることもできる。歌の中にもうひとつ別の曲がある。キーが何の脈絡もなくメジャーからマイナーに変移する。オビーソンはわかっていてまじめにそれをやっている。未熟なおたまじゃくし、青二才がやっているのではない~」

何とスリリングでカッコイイことか・・・。

ボブディランは、ギターを持ったシェイクスピアだ。

 

 

 

山下

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3728

2018.12.25

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 



 

 

気に入っていたメガネのレンズの色を、何時も力技で付け替えていたら、無理がたたってフレームが全壊してしまいました。

結果新調したのは、年代も型もほぼ同じモノという無駄使い。

クリスマスプレゼント by マイセルフが奥さんにバレませんように・・・。

クラウンパントのサングラス、好きだから、kaddishで取り扱いたいんですけど、現行のブランドって意外に作っていないし、高い年代モノになっちゃうのも何だかだし、悩ましいところです。

 

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3717

2018.12.24

今日のオマケ

 

 

 

 

 

子供は何時まで、サンタクロースがホントに居ると思っているのか?

小6の長男はサンタが実在しない事を知っている、来年小1の3男は信じているのは当然として、小3の次男はどうなんだろう、微妙だなと。

サンタは居ると思っているのだとしたら、「そろそろ気付いて良くない?」と思うし、サンタ?そんなもん居るわけないでしょって言われたら、親としてはちょっと寂しい。

それとなく探りを入れるべく「今年もサンタクロースは、プレゼント持って来るかな?」と訊いてみると、「う~ん、多分ね」という、どうとでも取れる返事。

その返事はサンタの実在を信じているのか、それとも、毎年希望のプレゼントを枕元に置いている両親に気を使って、まだ信じている体を演じているのか。

明日の朝起きてプレゼントを確認する時の、息子の反応を注視しよう。

今日はちゃちゃっと家に帰って家族とクリスマスを祝うつもりです。

 

 

 

山下

 

http://kaddish.jp/blog/3704

2018.12.22

今日のオマケ

 

 

 

 

先日、先輩や友人と忘年会。

いつもはあまり呑みに出ない僕が珍しく呑みに出た。カラオケが歌えるというオプションが付いているからである。

一次会の店で腹を満たしたら足早に友人行きつけのカラオケスナックへ。

入店するとすぐに自分で歌を入れスタンバイオッケー。歌は勿論、QUEENだ。

その後も自分勝手にワガママに歌ってやりました。

大満足で帰ろうとすると、スナックのママから店のクリスマスパーティーでQUEENをやって欲しい!と出演オファーが。

内心、めちゃめちゃ嬉しかったのですがまだまだ自分では納得のいくパフォーマンスでは無かった為、丁重にお断りしました。

もっともっと”フレディ”松村に磨きをかけていつの日かまた舞台に、、、

 

 

これから忘年会シーズン。呑み過ぎ、はしゃぎ過ぎには気をつけましょう〜。

 

 

松村

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3677

2018.12.20

今日のオマケ

 

 

 

 

 

髪を切った。

昨日訪ねてきたWACKO MARIAの町井さんがインスタグラムに上げた、自分の写真に愕然としたからだ。

そこに映るのは、真ん中分けの髪から覗く前頭部が明らかに後退している、中年男の満面の笑み・・・ダサい。

以前より時折、周囲から指摘はあったものの、からかいではなく忠告だったとは。

一刻も早く、この広ーい額を隠さねば。

仕事を中断して友達の美容師の元へ急ぎ、結果フツーのボブに落ち着きました。

何のビジョンもないまま髪を伸ばし続けて、薄毛を強調していた自分を、今悔やむ。

そしてカットから帰ってきた僕を見る松村の、冷笑を含んだ目線が痛い。

 

告知のとおり、土曜から4日間、クリスマスセールやります。

どうせ前シーズンの残りモノだけでしょー、なんてケチな事はしないつもりです。

よかったらご来店とお問い合わせをお待ちしてます。

 

 

山下

 

 

http://kaddish.jp/blog/3659

2018.12.19

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

WACKO MARIAの石渡さんと町井さんが訪ねて来てくれた。

石渡さんは生産からマネージメントを一手に、町井さんはブランドと僕らディーラーを結び付ける役割。

WACKO MARIAの重要な屋台骨の2人と、短いながら濃い話が出来た。

全国のディーラーを1年間駆けて回りながら、ブランドの今後と僕らの事を真剣に考えてくれる2人には、ホントに頭が下がる思いです。

そんな人達とだけ太いパートナーシップが築けるし、一生モノの付き合いをしていきたい。

 

 

 

山下

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3645

2018.12.18

今日のオマケ

 

 

 

 

昨日は休みで佐賀まで竹原ピストルのLIVEへ。

学生時代や20代前半の頃は、LIVE=暴れる!が自分流のLIVEの楽しみ方だったんですが、

歳を重ねて聴く音楽も変わり、ゆっくり楽しみたくなり座席があるとホッとする始末。

ピストルの歌もあの時のクソガキの僕には絶対に理解出来ないし、理解したくない変に尖った自分が居ました。

今はピストルの歌がグッサグサに突き刺さり、LIVE中は号泣。

単純に歳を重ねて涙腺が弱くなっただけの様な気もしますが、自分にも何らかの変化が起きているんだなぁ〜と思ったLIVEでした。

 

 

 

松村

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3631

2018.12.15

今日のオマケ

 

 

 

 

 

基本的にプレゼント需要がない当店も、今日は女性客が目立つ一日だった。

そこで皆悩んでいるのが、果たしてこれは相手に喜んで貰えるかというところ。

ショップスタッフとして、相手の方の好みの傾向をお聞きした上で、ではこんなの如何でしょうとオススメするのは当然だが、それが正解かどうかは、ウチに足繁く通って下さるお客様でない限りは判らない。

多分誰も判らないのだから、相手の好みを慮る事は前提だとして、結局プレゼントはサプライズなのだから、相手に身に付けて欲しいモノと、これを買ってあげる自分がスキ、という選定基準が大事な気がするんですが、どうでしょう?

一生懸命悩んで選んだプレゼントを無碍にする彼氏なら、とっとと別れたほうが良いんじゃない?

とはいえプレゼント選びは難しい。

僕自身は相手に明白に買って欲しいモノがない限り、プレゼントは独断で決めるけど、妻に対してはことごとくハズしている。

僕の妻は厳しい。

好みに合わなければ「あー、こんなん買っちゃったかー」と一刀両断する。

今日ご来店頂いた女性客達と同じく、実は僕もあーでもない、こーでもないが堂々巡りする立場です。

でも、それを含めてプレゼント選びって楽しいですよね。

 

 

山下

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3592

2018.12.15

今日のオマケ

 

 

 

 

 

全国展開の某有名セレクトショップの店長が訪ねてきた。

近く百貨店からkaddish近辺の路面へ移転を検討しているらしく、一日の来店数や客層等尋ねられた。

知ってる方だし、何かあったらお互い様だから、割と赤裸々に数字を話したら、あちらの見込みはウチの売り上げの倍以上だというから、有名店と個人商店の差を、まざまざと見せ付けられた。

それにしてもその店長はまだ20代前半で、同行リサーチから移転計画まで一手に任せられている。

やる気に燃えている眼が眩しい。

こういう経験を踏まえて一流のスタッフが育つのかと、大手で働いた経験のない僕は感嘆しました。

安月給と言われるアパレル業界にも夢はあるという話。

 

 

山下

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3580

2018.12.13

今日のオマケ

 

 

 

 

昨晩は、結婚記念日で年に一度の贅沢でお世話になっている常連さんが営む「鉄板焼き田中屋」へ。

カウンターだけの隠れ家的なお店で、かなり落ち着いた空間なんですが店主のフランクな対応からの料理のクオリティーの高さのギャップに惚れ嫁と毎年行くと決めた素晴らしい鉄板焼き屋さん。

結局、客商売は人柄だと改めて実感させられるそんな時間でした。

 

田中さん、次行く時は牛のバッジ用意しておきます。

 

松村

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3493

2018.12.12

今日のオマケ

 

 

 

 

 

とても世話になっている先輩が居る。

多感な時期にバブルの空気に触れているせいか、先輩はとにかく元気がいい。

そして腹が立つほど男前だ。

イイ車とイイ服、遊びが金を生む、を地で行く。

当然ウチでの買い物もエグい。

パイセン、それと似たヤツ去年買いました。

 

そんなパイセンがハマっているショーパブが、また強烈だ。

タイやフィリピンから出稼ぎに来た、メンテナンスがバッキバキのレディボーイ達と、お国柄なのかそこまでのメンテが出来ない、ずんぐりむっくりな邦人ホストの、鮮やかなコントラスト。

蛍光色のスポットライト、ラメの衣装と大きな羽、胸元にねじ込むチップ。

「テクマクマヤコンテクマクマヤコン、ミンナオカマニナ~レ!」の文句とともに、次々と抜かれるシャンパン(パイセンはレディボーイのシャンパンコールを絶対断らない)。

遠慮や体裁、又は駆け引きという概念が崩壊したような、度を越えて下品な会話(僕らの股間に触れながら)。

己のコンデション次第だが、確かに笑える。

いつもありがとうございます、でもねパイセン、ショータイム3連チャンは正直キツイっす。

 

そんなパイセンが御贔屓にしているビューティフルなレディボーイが、近く帰国するらしく、ショーパブへの来店頻度はすこぶる高くなる。

お弁当を作って食べさせてくれるらしいから、デキてるのか?という疑念が拭えない。

来年はファーストクラスと超高級ホテルを予約して、レディボーイの故郷をアテンドして貰うと楽しそうに話すパイセンに、最大級のリスペクトと親愛の念を込めて、僕は言いたい。

もうタイ人になってしまえと。

 

 

 

山下

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3490

2018.12.10

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

最近、何かと話題のQUEEN。

個人的には昔からカラオケや余興でとしつこいくらいに歌ってきた最高のエンターテイメント。

映画が大ヒットしたおかげで、僕に会うとよく知る方達が茶化してくれます。

そんな本人はまだ見てないんですがね。

フレディのエンターテイメント力、もっと勉強していきたいと思った今日この頃です。

 

 

松村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3313

2018.12.09

今日のオマケ

急激に寒なったせいか、防寒服を探しているお客さんが多かった。

ちょっと遠方の人が久しぶりに来てくれたのが嬉しかった。

土日に入った商品は評判が良くて、一安心。

残業して早出して、売り場のレイアウトを変えたり写真撮影した甲斐があったというものです。

まだDiaryで紹介出来てないモノがあるので、お楽しみに。

明日もFeatureとSTYLEを撮影の為に早出。

年内はこんな慌ただしいペースになりそうです。

 

 

山下

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3310

2018.12.07

今日のオマケ

 

 

 

 

 

店の隣地境界の側溝に子猫が住みついていた。

生後1か月くらいか、ぶち模様で、親猫は居ないらしくて、とても痩せていた。

天気が良いときは店の前で日向ぼっこしたり、時には店の中に入って来るから、イタズラしないか心配だったけど、無下にできなくてそのままにしていた。

両隣が飲食店だけに、トラブルになったらマズいからエサは与えなかったが、結局はお隣が食べ物を与えていたのだろう、毎日側溝からミャーミャーと声がしていた。

たまに通行人に写真を撮らせてやったり、まぁまぁ愛想は良い子猫だった。

が、あれから1か月くらい経ったろうか、今は見かけない。

お隣さんも、あの猫が何処に行ったのか知らない。

今も何処かで自分の存在を知らしめるべく、ミャーと鳴いているか?

生きろ。

 

 

 

山下

 

 

http://kaddish.jp/blog/3217

2018.12.06

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

休みの日にボケーっと雑誌を立ち読みしていたら、見つけてしまったこのVansのSlip On。

このちょっとふざけた感じがツボに入りどうしても欲しくなりそのまま街に出て即購入。

いわゆる、衝動買いってやつですね。カラー違いのORANGEも気になってきた...

 

 

 

たまにはこういうのも、ね。

 

 

松村祐二

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3164

2018.12.06

今日のオマケ

最近には珍しくお客さんと食事した。

洋服やkaddishのこと、お客さんの仕事のこと、色んな話をした。

後半はapple musicのプレイリスト大会に突入,ノンアルコールで現在3:00amという事態に。

僕がエキサイトして引き留めてしまった、申し訳ない。

メール返信して、引継ぎ事項を書いて、これから帰って寝ます。

 

レス・ポール=坂本慎太郎

なるほど。

 

山下

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3161

2018.12.04

今日のオマケ



 

 

 

 








 

 

イイ感じに仕上がったので、よかったら携帯に保存して使って下さい。


 



 

 

 

 

 

 






http://kaddish.jp/blog/3039

2018.12.03

今日のオマケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

お客さんからほぼ無視されている可哀そうなディスプレイ、それはラジカセ。

一度だけ欧米の観光客に「Nice SONY !」と言われたっきり。

他に反応してくれたのは、PHAETONの坂矢さん。

氏が仰るにコレは海外向けのレアモデルだそうで、音が変わるから絶対オーバーホールすべきだ、と。

たまたまカッコイイし安いから買っとこ、くらいの門外漢の僕は、坂矢さんのラジカセ偏愛話に唖然・・・。

やはり狂うくらいに凝ってるモノがある人の話は、それが何であれ面白い。

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3013

BRAND

JOURNAL