kaddish development store

2018.12.12

今日のオマケ

 

 

 

 

 

とても世話になっている先輩が居る。

多感な時期にバブルの空気に触れているせいか、先輩はとにかく元気がいい。

そして腹が立つほど男前だ。

イイ車とイイ服、遊びが金を生む、を地で行く。

当然ウチでの買い物もエグい。

パイセン、それと似たヤツ去年買いました。

 

そんなパイセンがハマっているショーパブが、また強烈だ。

タイやフィリピンから出稼ぎに来た、メンテナンスがバッキバキのレディボーイ達と、お国柄なのかそこまでのメンテが出来ない、ずんぐりむっくりな邦人ホストの、鮮やかなコントラスト。

蛍光色のスポットライト、ラメの衣装と大きな羽、胸元にねじ込むチップ。

「テクマクマヤコンテクマクマヤコン、ミンナオカマニナ~レ!」の文句とともに、次々と抜かれるシャンパン(パイセンはレディボーイのシャンパンコールを絶対断らない)。

遠慮や体裁、又は駆け引きという概念が崩壊したような、度を越えて下品な会話(僕らの股間に触れながら)。

己のコンデション次第だが、確かに笑える。

いつもありがとうございます、でもねパイセン、ショータイム3連チャンは正直キツイっす。

 

そんなパイセンが御贔屓にしているビューティフルなレディボーイが、近く帰国するらしく、ショーパブへの来店頻度はすこぶる高くなる。

お弁当を作って食べさせてくれるらしいから、デキてるのか?という疑念が拭えない。

来年はファーストクラスと超高級ホテルを予約して、レディボーイの故郷をアテンドして貰うと楽しそうに話すパイセンに、最大級のリスペクトと親愛の念を込めて、僕は言いたい。

もうタイ人になってしまえと。

 

 

 

山下

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3490

BRAND

JOURNAL