kaddish development store

2019.01.21

WACKO MARIA BEAVER HAT

 

 

 

 



 

本物の嗜好品を自分のスタイルで楽しむ


 

 

WACKO MARIAのHATには大きく分けて、ラビットファーとビーバーファーの2つの素材が存在しますが、中でもビーバーのファーはハットの起源から生産されていて、毛は細くて柔らかくハリがあり、防寒と耐久性に優れた希少性が高い高級素材で、そのシルクのように滑らか手触り、軽さと光沢には気品を感じます。

ヨーロッパ産のビーバーフェルトを、日本の職人が一つ一つハンドメイドで仕上げるWACKO MARIAのハットは、現在5種類のモデルが存在しますが、それらは全てオーセンティックかつクラシカルな仕立てで、トレンドに左右されてデザインを加える事はありません。

そのような経緯で作られるWACKO MARIAのハットには、ファッションアイテムではなく嗜むもの、つまり本物のプロダクトたる風格が宿ります。

 

 

 



 



 

 

 

では、そんな本物のプロダクトを、どんなふうに被るのが正解か?

それは”どうぞご勝手に”です。

WACKO MARIAは、自身が影響を受けた音楽や映画やアートからインスピレーションを受けて、最初期からハットを製作してきました。

例えばサックスを片手にスーツをキメたJohn Lurie、NYらしくボロボロの古着を纏ったBasquiat、ストリートギャングスタイルのMEXICAN達、世界的ファッションリーダー Johnny Depp、ウェスタンシャツを正装にしたMr.ハイロンサムHank Williams。

皆がそれぞれのライフスタイルに合わせて、自由にハットを被り、やがてそれがファッションとして一つの雛型になりました。

そこにルールは存在しません。

そのことを、WACKO MARIAが自らのスタイルで体現しています。

ですから恐れる必要はありません。

この最高の嗜好品を、自分のお好みのスタイルで楽しみましょう。

 

 

 



 

HAT 01 LURIE BEAVER


 

 

 



 

HAT 04 JOHNNY BEAVER


 

 

 

 

 

 

 

photo : Toshihiro Inaba


text: Yoshinori Yamashita


 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/4309

BRAND

JOURNAL