kaddish development store

2018.12.12

N-1 DECK JACKET

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 



 

 



 

デッキジャケットはkaddishのユーザーなら一度は手に取った事がある、というくらい長く取り扱っているアウター。

自分自身が折に触れ着る事が多いから、毎冬必ずラインアップします。

 

本当に良いものは時代によって廃れない。

10年以上もWACKO MARIAのコレクションから消えた事が無いという事実が、それを物語っています。

 

 

 

WACKO MARIA N-1 DECK JACKET


 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3489

2018.12.11

OLD JOE EXCLUSIVE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

OLD JOE EXCLUSIVE ARTISAN SACK JACKET

OLD JOE EXCLUSIVE ARTISAN SACK TROUSER

 

 

 

「OLD JOE FLAG SHIP STOREとKANAZAWAでサックの2ピースを生産するんですが、よかったらkaddishも生地を指定して別注しませんか?」との声に便乗しました。

kaddishバージョンはBLACKとGRAYをミックスした表情が奥深い、プリントコーデュロイで製作。

この生地の光沢とシャドウが、クラシックなプロダクトをモードに変換して見せるから不思議。

パターンは先にリリースされたインラインの18FWサックジャケット&トラウザーと違い、よりリラックスした印象に仕立てています。

 

この別注商品が入荷したタイミングで、現在kaddishのムードになっているテーラリングをFEATUREで特集してみました。

よかったらご一読を。

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3437

2018.12.09

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布だってハンサムにいきましょう。

OLD JOEが一手間かけて仕上げたアフリカンクドゥの表情は、プリミティブでクラフティ、でもスマートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 



 

LONG ZIP WALLET ¥40.000 (no tax)

COIN POUCH ¥22.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3309

2018.12.09

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

OLD JOEから、かなり纏まったデリバリーです。

今シーズン本命のコートからご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

ウールのように暖かく見せるという発想の元、1910年~30年に生まれたプリントコーデュロイと、パイルボアのコンビで再構築したカーコート。

 

SHAWL COLLAR DRIVERS COAT ¥69.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

起毛した二重織コットンクロスのふっくらとしてハリのある素材を使い、クラシカルなディティールをミックスして、ざっくりとしたAラインで仕立てたトレンチコート。

エポレットを外すと更にリラックスしたアウトラインになるのも嬉しいから、ブリティッシュトラッドが苦手な方にこそ。

 

HANDSOME OVER TRENCH COAT ¥110.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 

カシミア混のメルトンとアルパカビーバークロスのコンビ。

アールが付いたラペルに低いゴージライン、少しリラックスしたAラインは、クラシックなジェンツのモダンな解釈。

 

CRONBIE COAT ¥110.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

STATEMENT OLD JOE

ブランド設立当時から変わらず、表立ったシーズンテーマは設けていません。 それは私たちのプロダクトをトレンドに関係なく、シーズンレスで普遍的、そしてより強いものとして定案したいからです。 2018F/Wのプロダクトは、10周年目に突入したOLD JOEの集大成的な、そして男の趣向品のようなコレクションとなっています。 私たちの信じているヘリテージと呼ばれる国籍や年代を超えた様々なーカイブデザインを、改めて再考し今のムードを踏まえつつ再構築しています。 ブリティッシュジェントルスタイルのクロージングやマテリアル、オールドアメリカンの大胆なデザインやマスキュリンな イメージ、道具やプロダクトとして考え製作されたディテールたち。 熟成されたデザインを身に纏う事は、何よりも贅沢な事です。 そして何のフィロソフィーも感じられない表層的なシンプルモダン風ではなく、リアルに生活する上で快適でいられる心地よいデザイン、フィット、ディテールに、自分たちらしさを調和させて仕上げています。 私たちは、それこそが本当の意味でのモダンだと感じます。 上質でシーズンレス、時代感を反映させ過ぎずに、トレンドが変わってプロダクト単体で見た時に何の価値も感じられない”何かっぽい”表面的な再構築ではなく、時代が変わってもストーリーがあるオーセンティックではない”TIMELESS"なものつくりを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3252

2018.12.08

WACKO MARIA NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

WACKO MARIAからデリバリー。

ギフトにピッタリなグッズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

WALLET (TYPE-1) ¥25.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

WALLET (TYPE-3) ¥26.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

NUDE RING ¥16.000 (no tax)

MEDAI NECKLACE ¥20.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

SUEDE SHOULDER BAG ¥22.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3238

2018.12.08

連日登板

 

 

 

 

 



 

 

最近、毎日の様に着ている コーチJKT。個人的に上二つのボタンとチンストラップまで留めて着るのが気に入ってます。

 

今日はWACKO MARIA から、明日はOLDJOEから新入荷があります。

 

今年最後の大量入荷です。ご来店お待ちしてます。

 

 

松村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3226

2018.12.07

私物 MOTO

 

 

 

 

 

 

 



 

3年目に突入のMOTO

オイルを入れてまた光り出しました。

いい感じのシワが出るには、もう少し履き込んでからのようです。

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3200

2018.12.02

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

新型のエンジニアブーツは、これまで幾つかリリースされたモノと全く表情が変わりました。

素材は素上げのままオイルとワックスで仕上げたGUIDIレザー、ヌラッとして白け掛かった、豊かな経年を想像させる、これまでで最上級の革です。

古いブリティッシュブーツを参考にしたアッパーのアシンメトリーなシェイプは、クリンピングという手仕事によるもの。

アメリカンクラシックの対極にあるソフトさ繊細さ。

OLD JOEの完全オリジナルなエンジニアブーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

・HORSE HIDE ENGINEER BOOTS (GUIDI) ¥98.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/2887

2018.12.01

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 



 



 



 

OLD JOEの考えるジェンツスタイルが最も具現化されているのが、このセットアップ。

今シーズンはRを描くピークトラペルに、ボリュームを持たせたショルダーラインが、構築感のある印象にアップデートされています。

テーパード気味のストレートフィットなトラウザーは、ヒップにゆとりを持たせました。

もみ玉縁やシガーポケット等の、随所に見られる職人仕事のディティールも必見。

オリジナルファブリックのグレンチェックは、トップ染色したリネンのフランネル、軽さと着用によるシワ感が構築感のあるセットアップをカジュアルに見せるので、ドレスシーンからデイリーまで幅広く対応、オールシーズンで着用出来るのも嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

・PEAKED RAPEL ARTISAN SACK JACKET ¥78.000 (no tax)

・ARTISAN SACK TROUSER ¥42.000(no tax)

 

 

 

 

 

 

 

STATEMENT OLD JOE

ブランド設立当時から変わらず、表立ったシーズンテーマは設けていません。 それは私たちのプロダクトをトレンドに関係なく、シーズンレスで普遍的、そしてより強いものとして定案したいからです。 2018F/Wのプロダクトは、10周年目に突入したOLD JOEの集大成的な、そして男の趣向品のようなコレクションとなっています。 私たちの信じているヘリテージと呼ばれる国籍や年代を超えた様々なーカイブデザインを、改めて再考し今のムードを踏まえつつ再構築しています。 ブリティッシュジェントルスタイルのクロージングやマテリアル、オールドアメリカンの大胆なデザインやマスキュリンな イメージ、道具やプロダクトとして考え製作されたディテールたち。 熟成されたデザインを身に纏う事は、何よりも贅沢な事です。 そして何のフィロソフィーも感じられない表層的なシンプルモダン風ではなく、リアルに生活する上で快適でいられる心地よいデザイン、フィット、ディテールに、自分たちらしさを調和させて仕上げています。 私たちは、それこそが本当の意味でのモダンだと感じます。 上質でシーズンレス、時代感を反映させ過ぎずに、トレンドが変わってプロダクト単体で見た時に何の価値も感じられない”何かっぽい”表面的な再構築ではなく、時代が変わってもストーリーがあるオーセンティックではない”TIMELESS"なものつくりを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/2853

BRAND

JOURNAL