kaddish development store

2018.12.30

INFORMATION

 

 

 

 

 

 

 



 

 

2018


12/31 (mon) 店休日


2019


1/1 (tue) 店休日


1/2 (wed) 11:00 SALE START 閉店時間未定


1/3 (thu) 以降通常営業 12:00~20:00


 

 

 

 

 

 

 

kaddishは本日が年内最後の営業でした。

お客様と取引先様がいて、何とか続けている小さな店です。

来年以降も変わらぬご愛顧を何卒宜しくお願い致します。

 

1月2日(水)11:00より、SALEに加えてWACKO MARIAのニューイヤーアイテムOLD JOEのLUCKY BOXをご用意しています。

 

皆様、よいお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3843

2018.12.29

2019 OLD JOE LUCKY BOX (福箱)

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

“悪いようには致しません”


 

 

 

 

 

 

 

OLD JOEのスタイリングが、これ1個でコンプリート。

このお話を貰った時、中途半端な価格帯のボックスでお客さんを満足させることは出来ないと思いました。

超ド級のアウターを入れてこその、kaddishが提案できる福箱だと。

結果、OLD JOEには泣いて貰うことになりました。

アウターは私達が厳選して、それを軸にOLD JOEが全身をスタイリングして1箱に。

箱の中身は、ウフフフ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

 

OLD JOE LUCKY BOX 福箱 (30万相当)¥100.000 (no tax)


 

2019/1/2 (wed) 発売


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 kaddishの初売り へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3750

2018.12.29

WACKO MARIA NEW YEAR ITEMS



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 




"悪いようには致しません"


 

 

 

 

 

WACKO MARIAがこれまでリリースしてきたアロハシャツの中でも、傑作として記憶に残る"ROCKABILLY"と"LEOPARD"を復刻。

柄合わせ、縫製仕様まで妥協を許さない、ブランドのシグネチャーアイテム。

ライダースジャケットは、ベジタブル鞣しでシワ加工を施した武骨なカウレザーを、シャープでエレガントなフィッティングに仕立てた1着。

エイジングとラグジュアリーが同居して独自の雰囲気なる事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

"ROCKABILLY" S/S HAWAIAN SHIRTS  (WHITE,BLACK) ¥26.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

"LEOPARD" S/S HAWAIAN SHIRTS  (YELLOW/bge,GREEN/pink,BLUE/red) ¥25.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

 

DOUBLE RIDERS LEATHER JACKET  ¥155.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

< WACKO MARIA 2019 NEW YEAR ITEMS >


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの商品は店頭及びONLINE SHOP 共に、1/2 (wed) AM 11:00より販売開始致します。

混雑時には店頭販売を優先させて頂く場合がございます事を予めご理解ください。

 

 

 

 

 

 

 

2019 kaddishの初売り へ

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3749

2018.12.27

 

 

 

 

 

 

スケジュール


2018


12/28 (fri) 12:00~20:00


12/29 (sat) 12:00~20:00


12/30 (sun) 12:00~閉店時間未定


12/31 (mon) 店休日


2019


1/1 (tue) 店休日


1/2 (wed) 11:00 SALE START 閉店時間未定


1/3 (thu) 以降通常営業 12:00~20:00


 

 

 

 

 

 

 

2019 新年企画


WACKO MARIA NEW YEAR ITEMS (HAWAIAN SHIRTS,LEATHER JACKET)


OLD JOE FUKU BOX (福箱)


 

 

 

 

 

 

新年も悪いようには致しません(耳元で)


日程にお間違えの無いよう、ご確認の程を宜しくお願い致します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3739

2018.12.26

私物DOWN JKT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

人生“初”のDOWN JKT

WISLOMのダウンは所謂、ダウンのゴワゴワ感、野暮ったさが無く洗練されたデザインの一目惚れしオーダーしました。

年末年始、本格的に寒波が来るとの事なのでまだアウターを決めていない方は是非、探しにいらして下さいね〜。

 

 

松村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3730

2018.12.22

私物 OLD JOE

 

 

 

 

 

 

 

 



 

ヨレヨレで着たいOLD JOEのセットアップ。

気取らず楽にいきましょう。

 

 

今日から4日間、メールメンバーの方は年末まで、よろしくお願いします。

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3674

2018.12.21

Novelty

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

お歳暮代わりにバンダナ作りました。

よかったら使って下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3661

2018.12.20

MUG

 

 

 

 

 

 

 

GRAIN COATING CANVASとはPVCの事で、レザーのように存在感のあるルックスでありながら、非常に軽量な素材。

防水・耐久性に優れ、汚れてもぬるま湯を絞った布で拭くだけだから、ラグジュアリーな雰囲気を何時までも損ないません。

ブラックコーティングした金属パーツや、要所で使用するレザーが、より力強くソリッドな印象に。

利便性とストレスフリーを計算した設計、つまり都市部での使用に理想的なバッグです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

Grain MULTI POUCH

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

Grain Sacosh

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

Grain PC Tote 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

Grain PC BACK PACK 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

Grain PC BACK PACK

 

 

 

 

 

 

< M.U.G >


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3657

2018.12.19

X’mas SALEのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

皆様の元にサンタクロースがやって来ますように、の4日間。

このタイミングで、今シーズンを持って当店の取り扱いが終了するN.HOOLYWOODMOTOは、年内まで放出します。

ご来店とお問い合わせをお待ちしております。

 

 

SALE価格に関しまして、ONLINE SHOPで表記いたしませんので、通販をご希望の際はお問い合わせ下さい。
ONLINE SHOPをご利用頂くお客様は、通常通りカートに入れて頂きお手続きをお願い致します。
代引き・銀行振込をお選び頂いたお客様へは、こちらからの“受注確認メール”にてお値引きした合計金額をお知らせ致します。
クレジット決済をお選び頂いたお客様は、一旦値引き前の金額で決済を行なって頂きますが、後ほどコチラでお値引きした金額に決済変更させて頂いてから、通知メールを送らせて頂きます。

SALE商品の返品・交換はお受けしておりませんので、ご理解・ご協力の程、宜しくお願い致します。
一部SALE対象外の商品もございますので、予めご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3647

2018.12.19

私物 WACKO MARIA

2018.12.18

Off Shot

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

撮影の為に早朝から冬の海へ。

例によって僕はしっかり遅刻しました。

今年最後の撮影は、埠頭で突風に吹かれて撮影機材と備品が海の底へ沈むという、まぁまぁなトラブルが発生しましたよ。

カメラマンに「いい締めになった?」と尋ねたら、あっけらかんと「いや~、なりましたね~」。

ハートの強い奴だ。

 

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3628

2018.12.17

Leather Shoes

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

MOTO WHOLE CUT SHOES LOW (#2800)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

MOTO PLAN TOE LACE UP BOOTS (#2210)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

OLD JOE VACHETTA LEATHER MONKEY BOOTS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

OLD JOE HORSE HIDE ENGINEER BOOTS (GUIDI) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔から遠いんだから悩んで当たり前、ですが、結構長い付き合いになる事はお約束します。

足元ナメられんなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3602

2018.12.15

今日の松村

 

 

 

 

 

 

 

 



 

今シーズン、一番楽しみにしていたと言っても過言ではないOLD JOEのトレンチコート

全身黒で着るのが今の気分です。僕はラフに着たかったので前開けでエポレットを外して着用していますが勿論、つけていても全締めでもカッコイイです。

これは一生物になりそうです。

 

 

松村

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3582

2018.12.14

Ten-C

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 



 



 

 

kaddishで異彩を放つアウター。

初めて見る人は必ずと言っていい程、触れて、細部を見渡して、素材を尋ねます。

細かなウンチクは置いておいて、これほどのアウターには早々お目に掛かれない筈です。

 

 

 

Ten-C


 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3573

2018.12.12

N-1 DECK JACKET

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 



 

 



 

デッキジャケットはkaddishのユーザーなら一度は手に取った事がある、というくらい長く取り扱っているアウター。

自分自身が折に触れ着る事が多いから、毎冬必ずラインアップします。

 

本当に良いものは時代によって廃れない。

10年以上もWACKO MARIAのコレクションから消えた事が無いという事実が、それを物語っています。

 

 

 

WACKO MARIA N-1 DECK JACKET


 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3489

2018.12.11

OLD JOE EXCLUSIVE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

OLD JOE EXCLUSIVE ARTISAN SACK JACKET

OLD JOE EXCLUSIVE ARTISAN SACK TROUSER

 

 

 

「OLD JOE FLAG SHIP STOREとKANAZAWAでサックの2ピースを生産するんですが、よかったらkaddishも生地を指定して別注しませんか?」との声に便乗しました。

kaddishバージョンはBLACKとGRAYをミックスした表情が奥深い、プリントコーデュロイで製作。

この生地の光沢とシャドウが、クラシックなプロダクトをモードに変換して見せるから不思議。

パターンは先にリリースされたインラインの18FWサックジャケット&トラウザーと違い、よりリラックスした印象に仕立てています。

 

この別注商品が入荷したタイミングで、現在kaddishのムードになっているテーラリングをFEATUREで特集してみました。

よかったらご一読を。

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3437

2018.12.09

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布だってハンサムにいきましょう。

OLD JOEが一手間かけて仕上げたアフリカンクドゥの表情は、プリミティブでクラフティ、でもスマートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 



 

LONG ZIP WALLET ¥40.000 (no tax)

COIN POUCH ¥22.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3309

2018.12.09

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

OLD JOEから、かなり纏まったデリバリーです。

今シーズン本命のコートからご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

ウールのように暖かく見せるという発想の元、1910年~30年に生まれたプリントコーデュロイと、パイルボアのコンビで再構築したカーコート。

 

SHAWL COLLAR DRIVERS COAT ¥69.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

起毛した二重織コットンクロスのふっくらとしてハリのある素材を使い、クラシカルなディティールをミックスして、ざっくりとしたAラインで仕立てたトレンチコート。

エポレットを外すと更にリラックスしたアウトラインになるのも嬉しいから、ブリティッシュトラッドが苦手な方にこそ。

 

HANDSOME OVER TRENCH COAT ¥110.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 



 

 

カシミア混のメルトンとアルパカビーバークロスのコンビ。

アールが付いたラペルに低いゴージライン、少しリラックスしたAラインは、クラシックなジェンツのモダンな解釈。

 

CRONBIE COAT ¥110.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

STATEMENT OLD JOE

ブランド設立当時から変わらず、表立ったシーズンテーマは設けていません。 それは私たちのプロダクトをトレンドに関係なく、シーズンレスで普遍的、そしてより強いものとして定案したいからです。 2018F/Wのプロダクトは、10周年目に突入したOLD JOEの集大成的な、そして男の趣向品のようなコレクションとなっています。 私たちの信じているヘリテージと呼ばれる国籍や年代を超えた様々なーカイブデザインを、改めて再考し今のムードを踏まえつつ再構築しています。 ブリティッシュジェントルスタイルのクロージングやマテリアル、オールドアメリカンの大胆なデザインやマスキュリンな イメージ、道具やプロダクトとして考え製作されたディテールたち。 熟成されたデザインを身に纏う事は、何よりも贅沢な事です。 そして何のフィロソフィーも感じられない表層的なシンプルモダン風ではなく、リアルに生活する上で快適でいられる心地よいデザイン、フィット、ディテールに、自分たちらしさを調和させて仕上げています。 私たちは、それこそが本当の意味でのモダンだと感じます。 上質でシーズンレス、時代感を反映させ過ぎずに、トレンドが変わってプロダクト単体で見た時に何の価値も感じられない”何かっぽい”表面的な再構築ではなく、時代が変わってもストーリーがあるオーセンティックではない”TIMELESS"なものつくりを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3252

2018.12.08

WACKO MARIA NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

WACKO MARIAからデリバリー。

ギフトにピッタリなグッズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

WALLET (TYPE-1) ¥25.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

WALLET (TYPE-3) ¥26.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

NUDE RING ¥16.000 (no tax)

MEDAI NECKLACE ¥20.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

SUEDE SHOULDER BAG ¥22.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3238

2018.12.08

連日登板

 

 

 

 

 



 

 

最近、毎日の様に着ている コーチJKT。個人的に上二つのボタンとチンストラップまで留めて着るのが気に入ってます。

 

今日はWACKO MARIA から、明日はOLDJOEから新入荷があります。

 

今年最後の大量入荷です。ご来店お待ちしてます。

 

 

松村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3226

2018.12.07

私物 MOTO

 

 

 

 

 

 

 



 

3年目に突入のMOTO

オイルを入れてまた光り出しました。

いい感じのシワが出るには、もう少し履き込んでからのようです。

 

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/3200

2018.12.02

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

新型のエンジニアブーツは、これまで幾つかリリースされたモノと全く表情が変わりました。

素材は素上げのままオイルとワックスで仕上げたGUIDIレザー、ヌラッとして白け掛かった、豊かな経年を想像させる、これまでで最上級の革です。

古いブリティッシュブーツを参考にしたアッパーのアシンメトリーなシェイプは、クリンピングという手仕事によるもの。

アメリカンクラシックの対極にあるソフトさ繊細さ。

OLD JOEの完全オリジナルなエンジニアブーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

・HORSE HIDE ENGINEER BOOTS (GUIDI) ¥98.000 (no tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/2887

2018.12.01

OLD JOE NEW ARRIVAL

 

 

 

 

 



 



 



 

OLD JOEの考えるジェンツスタイルが最も具現化されているのが、このセットアップ。

今シーズンはRを描くピークトラペルに、ボリュームを持たせたショルダーラインが、構築感のある印象にアップデートされています。

テーパード気味のストレートフィットなトラウザーは、ヒップにゆとりを持たせました。

もみ玉縁やシガーポケット等の、随所に見られる職人仕事のディティールも必見。

オリジナルファブリックのグレンチェックは、トップ染色したリネンのフランネル、軽さと着用によるシワ感が構築感のあるセットアップをカジュアルに見せるので、ドレスシーンからデイリーまで幅広く対応、オールシーズンで着用出来るのも嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

・PEAKED RAPEL ARTISAN SACK JACKET ¥78.000 (no tax)

・ARTISAN SACK TROUSER ¥42.000(no tax)

 

 

 

 

 

 

 

STATEMENT OLD JOE

ブランド設立当時から変わらず、表立ったシーズンテーマは設けていません。 それは私たちのプロダクトをトレンドに関係なく、シーズンレスで普遍的、そしてより強いものとして定案したいからです。 2018F/Wのプロダクトは、10周年目に突入したOLD JOEの集大成的な、そして男の趣向品のようなコレクションとなっています。 私たちの信じているヘリテージと呼ばれる国籍や年代を超えた様々なーカイブデザインを、改めて再考し今のムードを踏まえつつ再構築しています。 ブリティッシュジェントルスタイルのクロージングやマテリアル、オールドアメリカンの大胆なデザインやマスキュリンな イメージ、道具やプロダクトとして考え製作されたディテールたち。 熟成されたデザインを身に纏う事は、何よりも贅沢な事です。 そして何のフィロソフィーも感じられない表層的なシンプルモダン風ではなく、リアルに生活する上で快適でいられる心地よいデザイン、フィット、ディテールに、自分たちらしさを調和させて仕上げています。 私たちは、それこそが本当の意味でのモダンだと感じます。 上質でシーズンレス、時代感を反映させ過ぎずに、トレンドが変わってプロダクト単体で見た時に何の価値も感じられない”何かっぽい”表面的な再構築ではなく、時代が変わってもストーリーがあるオーセンティックではない”TIMELESS"なものつくりを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kaddish.jp/blog/2853

BRAND

JOURNAL