kaddish development store

2019.08.06

わたし、これ買いました。山下編

 

 

 

 

 

 

SSシーズンにスタッフは何買った?


kaddishのセレクト枠や、そもそも服ではないものも含めたアイテムを見ながら


次期FWの購入計画を立ててみるのはどうでしょう。


 

 

 

 

 

 

 



 

OLD JOE PALM BEACH SACK JACKET & TROUSER


 

 

去年から引き続いてセットアップの気分が高まっています。

このリゾートジャケットはシルエットが野暮ったくて、カジュアルに着たい自分の好みにピッタリでした。

麻だから水洗いしてヨレヨレにしてもイイし。

とはいえ、最近は自分の年齢も加味して、適度にアイロンをかけて着るようになりました。

このジャケットと、OLD JOEに別注で作って貰ったショーツを合わせるのも好きなスタイリングです。

OLD JOEのセットアップは、次回も良いのでご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

OLD JOE ORIGINAL PRINTED OPEN COLLAR SHIRTS


WACKO MARIA HAWAIAN SHIRTS S/S (TYPE-2)


 

 

僕が建築に興味を持つキッカケはコルビジェなので、OLD JOEのこのシャツは、企画を聞いた段階から購入することを決めてました。

で、上がってみたらこのデザイン、完璧です。

 

WACKO MARIAのアロハシャツは、お客さん達と同じくどれを購入するか悩みましたが、発色の良さでこの春画に決めました。

一応、妻と子供の前では着ないようにしています・・・。

 

僕は毎年何かしら白いシャツを買うんですが、今年は1着もないんです。

というより売れ方が早くて買えなかった。

その点が来年の買い付けに反映される気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

WACKO MARIA HEAVY WEIGHT CREW NECK T-SHIRTS


OLD JOE EXCLUSIVE SILK NEP JERSEY BOXY T-SHIRT 


 

 

無地TEE着てカッコよくありたい、真夏になると何時も思います。

身も蓋もないこと言うと、イイ感じのアクセサリーをプラスしたら、もう夏はそれでOKじゃないですか?

 

WACKO MARIA BLANK LINEのヘビーウェイトは、ド直球のザ・無地TEE。

インナーからこれ1枚だけと、サイズを替えながら持っている1着です。

 

OLD JOE別注TEEには満足しています。

ゆらぎやシワの表情にただならぬ存在感を感じる、真夏の一張羅として。

 

 

 

 

 

 



 

WACKO MARIA WESTERN TROUSERS


OLD JOE TRIPPLE NEEDLE BELTLESS JEANS ”946”


 

 

WACKO MARIAのトラウザーは、ウェスタンポケットのディティールが、タックインした時に活きてきます。

これにイイ感じのベルトがあると、もっと良かったんですが、それは絶賛準備中ということで。

スラックスはアロハでもTシャツでも、合わせて履くと街着仕様になるので良いですね。

 

薄いインディゴのデニムはイイ感じのヌケがあるから、もはや夏の鉄板。

これでスニーカーを履くと僕には元気過ぎるので、レザーサンダルを履くことが多いです。

 

 

 

 

 

 



 

Guépard gp-07 CHAMPAGNE


Hermès VINTAGE SILVER & 18K GOLD BOUCLE SELLIER BRACELET


Maison Martin Margiela ⓪ ⑩ artisanale NECKLACE



 

 

クリアフレームのメガネが好き過ぎて複数持っている自分が、もうバカじゃないかと・・・。

ギュパールの7mm厚のモデルは、クリアレンズに入れ替えました。

 

アクセサリーは去年あたりから身に付けはじめて、今年は少し存在感があるモノを買いました。

イメージは、海外のビンテージディーラーとか市場のおじちゃんが何時も身に付けている、ファッションじゃなくてモノ、みたいな。

だから僕の場合、アクセサリーは重ねるんじゃなくて、イイものを1点づつ、という感じ。

エルメスのブレスレットは18Kとシルバーのコンビで、これは価値が下がらないから自己投資だと暗示をかけつつ・・・。

ネックレスはマルタンマルジェラ時代の、ヴィンテージパーツを使ったラインのモノです。

あとはシルバー/ゴールドのさりげないリングを見つけたら、アクセサリーは上がりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

フランスの古い椅子


 

 

コルビジェなどの建築経由で、デザイナーズの家具にも興味を持つようになりました。

これはリースに行ったeelで見かけて、ぺリアン?高い?と思ったら、無名でお手頃価格だったので衝動買いしました。

この脚の形状が好きで、ヨーロッパにはデザイナーズ以外にも、こんな太くてプリミティブな脚のモノが散見されるようです。

ぺリアンを1個だけ所有してるんですが、今はこっちの方が好きかもしれない。

いずれは店内をウッドと白で統一したいと思ってる次第です。

 

 

 

 

 

 

photo : Toshihiro Inaba



text:Yoshinori Yamashita


 

 

 

 

 

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/10979

BRAND

JOURNAL