kaddish development store

2019.09.06

歩く

 

 

 

 

日々カメラを持ち歩く癖をつけることは、簡単そうでなかなかできない事だ。

 

仕事の行き帰り、ちょっとそこのコンビニまで

そういう何気ない時に持ち歩くかどうかは大きな結果の違いを生む。

 

 

作品を作っている身として、明確な題材に向かって撮る場面は多々あるが

その一枚が重要なピースになるかどうかは、少し後になってからしかわからない。

 

買い物に出かけて、ついでのつもりで寄った店で以前から欲しかったものと出会う。

そんな経験はないだろうか。

 

毎日の同じ道であっても、そこで思いもよらぬ旧友と再会したり、トラブルにだって巻き込まれることもある。

 

 

今日は○○な日だからカメラを持って出よう

もちろんそれは悪いことではないが、事前にその日の事がわかる人などいるわけがない。 

 

 

PENTAX67 90mm F2.8/DELTA3200

 

 

すべて取り返しのつかない今日でしょう。

 

自然と溜まったネガを見返すと、どうでも良い写真に出会うことなどほとんど無い。

それがその人と会う最後の日かもしれないからだ。

 

 

 

 

稲葉

https://kaddish.jp/blog/11631

BRAND

JOURNAL