kaddish development store

2019.11.30

オートフォーカスカメラの日

 

 

 

 

11月30日
今日はオートフォーカスカメラの日です。

 

1977(昭和52)年のこの日、小西六写真工業(後のコニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売した。
「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、それまでカメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓した。

出典:http://www.nnh.to/11/30.html

 

ということだそうで、今はなきコニカが作った庶民の名機C35AF。

それ以前のカメラはお父さんのもので、機械に強いひとがうまくやらないと、ピントは外すし露出もオーバーだったりアンダーだったり

家族の誰しもが手軽に記録をできる媒体ではありませんでした。

 

今ではオートフォーカスは携帯のカメラですら当然の機能で、まさにあって当たり前になっていますが

発売当初シャッターを押した瞬間にレンズが前後するのを始めてみた人々の驚きは想像に難くありません。

 

 

今やiPhoneでこんな写真が撮れる時代

 

 

 

オートフォーカスカメラの日というのを朝耳にして、そういえばC35AFみたいなのうちにもあったよなーと掘り出した1台。

たまたま寄ったハードオフかなんかで500円で拾ってきたような。

C35AFそのものではありませんが、これも良く写ります。

今や二束三文の値段になってしまっていますが、日本の家族写真を残してきたのはドイツの名機ではなく

こういった押すだけの簡単な、でもよく写るカメラたちだったのかなぁと思いを馳せる11月30日でありました。

 

 

 

 

稲葉

https://kaddish.jp/blog/15448

BRAND

JOURNAL