kaddish development store

2024.04.18

 

 

 

ブラジルのゼ・イバーハというミュージシャンを先週知って、昨日ライブを観に行って、その繊細で土着的かつ洗練された音楽の余韻に未だ浸っています。

八女市の旧郡役所跡というハコもまた絶妙で、民家に隣接する木造建築の土間、そこで音だけに集中できるよう照明は梯子に付けた投光器が1個(逆光でゼのシルエットしか観れない)というシチュエーションでこそ響く音楽が確かにある事を確認した次第です。

ゼと同じ八女の主催者がサム・ゲンデル&ピノ・パラディーノを呼んだ時も驚いたけど、商業的価値から離れて、世界の先鋭的アーティストを都市の音楽好きから地元の家族連れが共有する光景が、音楽の本来の姿だなと思いました。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77805

2024.04.17

 

 

 

 

 



 

スパイスからカレーを作る男は地雷、という言説を何処かで聞いたんですが

私はスープからラーメンを作ります

地雷かもしれません

 

 

 

稲葉

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77799

2024.04.16

 

 

 

 



 

リメイクがいい感じに仕上がった。

明日の休みはテストも兼ねて、これ着て出かける予定。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77690

2024.04.15

 

 

 



 

本日ノ装ヒ。

ジャケット、Tシャツ:OLD JOE

パンツ:WACKO MARIA

ハット:PHIGVEL

シューズ:月星シューズ

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77684

2024.04.14

 

 

 

 

某商業施設の時計屋さんで

延々と店長に売り物の講釈をするお客さんや、ショーケースに濡れたアイスコーヒーのカップが置かれてる様をみて

kaddishは恵まれているなと思いました、店長さん超頑張れ

 

 

 

稲葉

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77625

2024.04.13

2024.04.12

 

 

 



 

本日ノ装ヒ。

ジャケット、シャツ、パンツ:WACKO MARIA

シューズ:OLD JOE

ベルト;ACE WESTERN BELT

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77486

2024.04.10

 

 

 

どちらかというと自己主張がなく3兄弟の中では一番口数の少なかった次男(中3)が、テニス部のエースでおまけにキャプテンになった時は驚いたけど、自分から告って彼女まで出来たと聞いて、お父さんは完全に追い越された感覚です。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77279

2024.04.09

 

 

 

 

Tシャツだけの方とダウンジャケットを来た人が行き交う大名

何を着たらいいか迷うのも必然の天気です

一緒に悩むので、ご来店お待ちしてます

 

 

稲葉

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77270

2024.04.08

 

 

 

今月のPLAY LISTはガレパンです。

僕なりのガレージパンクの定義とは

・ロックンロール原理主義(音楽的語彙が無い)

・バランスに欠け過剰(やたらとギターだけデカイ等)

・伝えたいメッセージがない(難しいことは分からない)

・下手くそ(勢いはあれど)

けなしてないです、大好きなんです。

全部同じ曲に聴こえてキツイという人もいるかもしれませんが、そこはVol. 34も続けているとそういう回もあるさ、と受け流してくださると幸いです。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77181

2024.04.07

 

 

 

例えば今日でいいますと、ビンテージのTシャツにぶかぶかイージーパンツとハイテクスニーカー、WACKO MARIAのナッソージャケットはこう着ろのお手本のような白髪ロン毛のオヤジ。

またはOLD JOEのコサックジャケットに合わせる為アドルフを赤レンズでバックオーダーする古着屋の兄ちゃん。

お客さんから新しい視点を与えてもらえるのは服屋冥利に尽きます。

お客さんを超えると言わないまでも同等に着こなしていたらと思い、後でこっそり試着してみますが、往々にしてそうならず、その打率はせいぜい3割程度。

バッターじゃなく服屋ですが。

恵まれた容姿と経験からくる説得力が自分にあれば、打率があと2割ほど増すことでしょうけど。

バッターじゃなく服屋ですが。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77076

2024.04.06

 

 

 

某レコードレーベルのプロデューサーから”新レーベルのジャケット撮影を頼みたい”との仕事が入り

夢じゃないかと驚いているんですが

今朝の夢は山下に”明日からバンド組むから楽器持ってきてね”と言われるものでした

 

音楽業界へカムバックの日も近いのかもしれません

 

 

稲葉

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/77043

2024.04.05

2024.04.04

 

 

 

美人じゃない、いい顔してる女性に惹かれがちで、4月から始まった朝ドラのヒロイン伊藤 沙莉は、自分にとってまさにそれです。

お約束の子供時代から始まらないというのも好感持てるので、数年ぶりに朝ドラ観てます。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/76787

2024.04.03

 

 

 



 

82年、サッチャー政権下のイギリス、激しく自己主張する周囲に対して「アコースティックギターでコール・ポーターをカバーすることが私にとってパンクだった」と

語るトレーシー・ソーン20歳のアルバム。

「これは小さな町の女の子には手におえないこと」

夢を持たず悲観もせず、たどたどしく唄われる「Small Town Girl」が、桜の開花に浮かれる空気に水を差すような今日の雨と重なる。

 

Tracey Thorn / a Distant Shore

 

 

 

山下

 

 

https://kaddish.jp/blog/76784

2024.04.02

 

 

 

明日から1泊で熊本旅行の予定ですが、2日とも降水確率100%…

事故だけはしないように気をつけます。

 

 

稲葉

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/76781

2024.04.01

 

 

 

kaddishで時々買い物してくれる稲葉の後輩に「最近新しい服買った?」の「た?」を言わないうちから「なんも買ってないっすよ!」と強めのトーンで返されました、こわ。

別にリサーチのつもりで訊いたんじゃないけど、年齢差による無意識のプレッシャーが彼をそうさせたのか?

ハマって観ていた「不適切にもほどがある」じゃないけど、寛容になって!大目に見てよ!お互い、と思ったのでした。

 

 

 

山下

 

 

 

https://kaddish.jp/blog/76663

BRAND

JOURNAL